Stock Former

不動産情報の非対称性に対する
一つのイノベーション

不動産業界では、「不動産情報の非対称性(不透明性)」が常々問題視されてきました。不動産会社は、業者同士で物件情報を共有できるプラットフォーム「レインズ(REINS)」で情報を入手できますが、個人側は情報を入手する術がない(少ない)ため、情報強者である不動産会社からの情報に頼らざるを得ない状況です。

一方で、不動産会社が提供できる情報にも限界があります。「レインズ」には、マーケットに公開された物件情報しかありません。不動産会社は、マーケット公開された物件情報もしくは自社が取り扱っている物件を投資家に提供することはできますが、投資家の資産レベルに見合った最適な物件かを判断することはありません。不動産会社は、必ずしも投資家の志向性や資産背景等を考慮して提案することは難しく、最適な融資先や融資条件の提案はさらに困難です。成功している投資家は、不動産会社とのネットワーク構築とは別に、属性や資産レベルが近い(もしくはより上位の)投資家達とネットワークを構築し、売買経験等を情報交換することで、投資の成功確率を高めています。

StockFormerは、プラットフォーム内の投資家同士でネットワークが構築され、過去の売買実績や融資実績を共有することができます。資産レベルが近い投資家の最新の投資実績を指標にして、不動産会社からの提案された物件の妥当性判断や、最適な融資先金融機関を選択することができます。