• Top
  • blog
  • 不動産投資で一棟買いするメリット

2021/4/23コラム

不動産投資で一棟買いするメリット

数ある投資の中で、昨今人気を集めているのがマンションやアパートの「一棟買い」。
利回りがよく安定した家賃収入が得られる可能性があることから、多くの投資家が注目している不動産投資の1つです。
物件を一棟丸ごと買い取るとなるとそれなりの準備も必要ですが、一棟買いをすることで得られるメリットも多くあります。

そこで、本記事では不動産投資で一棟買いをする場合のメリットについて紹介します。

blog image

一棟買いのメリット

一棟買いのメリットについてそれぞれ見ていきましょう。

大きな収入源となる

一棟買いの場合、1つの物件で所有する部屋数が多ければ多いほど、家賃収入の金額が大きくなります。
そのため、実際に得られた収入から支出分を差し引いた時に手元に残る資金である「キャッシュフロー」が格段に良くなり、投資した資金を回収するスピードも早いのが特徴です。
不動産投資には他に、マンションなどの一室のみを購入して賃貸投資とする「区分投資」がありますが、元本が少なく済む反面、収入としての大きな利益は期待できません。

例えば家賃8万円のアパートで10戸ある場合、8万円×10戸×12ヶ月で年間960万円の収入になりますが、同じ条件で1戸のみの場合は10分の1の年間収入となります。

このように比較すると、いかに一棟買いが安定した大きな収入源となるかが分かります。

自分の計画に沿って運営できる

マンションやアパートでは所有者であるオーナーの意向で修繕や改装が行われますが、一棟買いの場合、それらを自分のタイミングで行えるのが大きな魅力です。

外観はもちろん内装にもこだわってリノベーションを行う、最新のセキュリティシステムを導入するなど、時代に合った改装を行っていくことで、年数が経っても物件の価値を維持することができます。
また、改修の際にデザイン性や設備面をより充実させることで、近隣のマンションやアパートとの差別化が図られ、入居率が高まることにも繋がるでしょう。
物件の一室のみを所有する区分投資の場合は、いくら物件の室内をリノベーションしたとしても外観の改修やルールの設定などはオーナーに権限があるため、できることに限界があります。
一棟買いで計画的に修繕・改装を行っていった方が、資産価値を維持することができ安定した収益が期待できるでしょう。

空室になった時のリスクが低い

区分投資で1戸所有している場合、その一戸が空室になってしまうとその時点で収入が途絶えます。
しかし一棟買いの場合、家賃収入がゼロになるという可能性はまずありません。
全部で10戸あるアパートの場合は、1戸空室になれば90%、2戸空室になれば80%と満室時に比べると収入減となりますが、常に全体の何割かの収入は確保できるのです。
常時入居率100%はハードルが高いですが、立地や家賃など条件が揃っていれば入居率80%程度を維持するのは難しくありません。
このように、一棟買いでは「収入があるか、ないか」といった極端な状況を避けることができます。

土地活用ができる可能性も

マンションやアパートを一棟買いするということは、物件を購入すると同時にその土地も所有することになるというのがポイントです。
建物自体は年数が経過すれば資産としての価値が下がる傾向にありますが、それに比べて土地の評価額に大きな変化はない傾向にあります。
新規開拓や再開発のエリアにある物件を一棟買いした場合は、逆に購入時よりも高額売却できる可能性も少なくありません。
また現在所有している物件を担保に融資を受けられる可能性があるため、2件目、3件目と資産を拡大したいと考える方にも一棟買いがおすすめです。

一棟買いのデメリット

不動産投資における一棟買いにはメリットだけでなく、デメリットも知る必要があります。
不動産投資で人気の一棟買いのデメリットではデメリットについて詳しく紹介しています。検討されている方はぜひ参考にしてください

一棟買いのメリットを把握して不動産投資に臨もう

いかがでしたでしょうか。
この記事を読んでいただくことで、不動産投資で一棟買いをするメリットをご理解いただけたと思います。
安定した家賃収入を得たい方、徐々に資産拡大を狙いたい方はぜひ検討してみてください。